しみ、しわ、ケミカルピーリング、レーザー治療・脱毛、多汗症などのお悩みはローズ皮膚科クリニックにご相談ください。

TEL 0297-70-6262 茨城県取手市のローズ皮膚科クリニック。当院では、一般的な皮膚科診療に加え、美容皮膚科診療も行っております。

TEL 0297-70-6262
TOP
クリニック紹介
診療時間
アクセス
美容診断
美容料金表
テナント募集
美容診療
■ビタミンCイオン導入
ビタミンCは水溶性ビタミンであり、皮膚から吸収されにくいため、イオン導入器を使用し、イオン化することによって高濃度のビタミンCを皮膚の内部まで浸透させることができます。(ピーリングで皮膚の角層剥脱後に行うと、より深くビタミンCが浸透し効果的です。)
痛みはなく、施術時間は30分程度です。
ビタミンCの効果…メラニン増加を抑制し、美白効果が得られ、抗酸化作用によってシミ、くすみ、しわ予防効果があります。

■しみ外用療法
○トレチノイン(ビタミンAの誘導体) : 皮膚の再生を促進し、メラニンの排出を促すため、しみがうすくなります。角層は薄く、表皮は厚くなり肌の張りが出てくるため、小ジワが目立たなくなります。(外用期間中は必ず日焼け止めクリームで遮光して下さい。)

○ハイドロキノン : 美白、脱色剤でメラニン色素を作るチロジナーゼ活性の抑制、メラノサイトの破壊などによりしみ、そばかす等に有効です。トレチノインと併用するとさらに効果的です。

○ビタミンCローション : 高濃度ビタミンCを含む美白ローション

■しみレーザー治療
痛みが少なく、治療後すぐにメイクできます。照射後、美白クリーム等の外用剤を併用して加療します。(しみの種類や患者さんの肌の状態により照射できない場合もあります。)

■レーザーフェイシャル
痛みはなく、施術後すぐにメイクができます。ニキビ跡や毛穴開大に効果があります。照射後は毛穴が引き締まり、くすみもとれ、張りのあるなめらかな肌になります。

■医療レーザー脱毛
当院では、安全で効果的な医療レーザー(米国キャンデラ社のアレキサンドライトレーザー)を使用しております。毛にはそれぞれ成長期、退行期、休止期という毛周期があり、休止期の毛はメラニンが少なく、反応しないため数回の照射が必要になります。部位により差はありますが1〜3ヶ月に1回の割合で、計3〜5回前後施術を要します。(患者さんの肌の状態により照射できない場合もあります。)
レーザー照射時に冷却スプレーで皮膚を保護するため、やけどの心配はありません。また、毛穴も目立たなくなり、なめらかな肌になります。

■多汗症
わきの汗はアポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺に関係し、わきの臭いはこれらの汗腺からの分泌物が混ざり合い、細菌に分解されて発生します。汗をかきやすい部位に少量ずつボトックスを注入することで、多汗を抑えます。ボトックス注入にレーザー脱毛を併用すると臭いの原因となる細菌の繁殖も抑え、効果的です。

■しわ治療
ヒアルロン酸は生体内に存在する多糖類で、水分保持作用があります。本来、皮膚内に存在しているため、注入によるアレルギー反応はほとんどありません。表情とは関係なく刻まれたしわや皮膚陥凹がヒアルロン酸注入の適応となりますが、皮膚内に注入することにより皮膚にボリュームを与え、しわ治療が可能となります。注入後より効果があらわれますが、少しずつ吸収されていくため、効果の持続期間は半年位になります。

注入前に麻酔テープを貼り、細い針で注入するため、痛みはごく軽度で、治療後すぐに洗顔やメイクもできます。(※表情ジワの治療にボトックスを注入する方法もあります。)
▲ページ上部へ

(C) TEL 0297-70-6262

Copyright(C)MediaAccess Inc.
All rights reserved.